スタート隊形からレース展開を予想するやり方

スタート隊形

スタートライン通過時のバラつきをスタート隊形といって、この時の艇の並びである程度レース展開が読めるようになります。
イン側が有利な隊形なら堅いレースになりやすく、アウト側が有利な隊形なら高配当の結果になりやすいでしょう。
競艇(ボートレース)では、1周目第1ターンマークの結果がレースの大勢を決めると言われ、非常に重要なポイントです。
そのため、1周目1ターンマークへの突入の仕方を決めるスタート隊形は非常に重要となります。

スタート展示は必ずチェックする

スタート展示は、行き足やスタート時の進入コースといった貴重な情報が事前に得られ、予想をする際には必ずチェックしなければいけないものです。
実際にコースを走行する様子を見ることができるので、モーターやペラの調子といった情報を参考程度に得ることができ、選手のスタート練習も兼ねているので選手の調子も把握する事ができます。
特にスタート展示で確認したほうがいいのはモーターの行き足で、行き足とはスタートをしてからトップスピードになるまでの加速力を指します。
また、周回展示では艇の安定度やモーターの回り足が確認でき、展示タイムでは直線タイムを確認する事ができます。